漢方アーカイブ|五行説と漢方医学への応用(五行と五臓)

五行説

中医学では、五行説を用いて、人体の生理や病理、さらにそれを取り巻く環境との相互関係を明らかにして、 弁証論治をおこない、予防と治療をすすめ、中医学を形成してきた。
五行は、主として相性・相剋(克)をもって事物間の関係を明らかにする学説である。

相生

相生

相生というのは、母子関係にあり、互いに支持、促進、助長する関係を指す。

相生には、木が火を生み、火が土を生み、土が金を生み、金が水を生み、水が木を生む‥という順序の、 循環律がありその関係は、「生む」「生まれる」の関係で、「生む」ものを母、 「生まれる」ものを子とする。

木は火の母であると同時に、水の子であり、火は木の子であると同時に、 土の母でもある。その他の土、金、水なども同様。

五行の相関

相剋(克)

相剋(克)

相剋(克)というのは、互いに制約し、支配し合い、互いにその力を減殺し合う関係にあることを 指している。

相尅は、木が土に勝ち、土が水に勝ち、水が火に勝ち、火が金に勝ち、金が木に勝つ‥という順序で、関係する。
例えば、木は土を尅し、支配すると同時に、金からは尅され、支配されることになる。 その他の火、土、金、水も同じような関係にある。

東洋医学における五臓六腑は、人体の五臓六腑を五行に配し、人体の各部分の相互関係や病理の変転をまとめたものである。
西洋医学のように特定の臓器や器官など解剖学的な概念だけを指すのではなく、 その生理学的、病理学的な概念をも含めて機能的単位ないしシステムとして表している。

臓腑理論は、相生、相尅の法則に基づいて、臓腑に内在する生理的機能を説明している。
その特色は、五行の生尅制化によって各器官や臓腑はもちろん、体全体が影響し合い、 関連し合うと考えるところにある。
各臓腑と器官は、相生によって、互いの機能を活発にし、支援し合う一方で、 相尅によって、互いに制約を加え合い、臓腑の機能を正常に保っているとする。

この五行の生尅制化の機能が失われると、疾病が発生することになる。
中医学の五臓六腑は、 互いに関連し、影響を及ぼしあっているので、ある臓器に病変が生ずると、他の臓器にも病変が生ずることになる。
そして、他の臓腑に病変が生ずれば、先の臓器の機能にも影響が出て、更なる異常が生ずることになる。
つまり、治療においては、特定の臓器だけを治療するのでなく、関連している他の臓器も加えて治療対象となる場合が多くなるのである。

五入

五禁

五臓

五臓(肝・心・脾・肺・腎)、と六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)をさす。
素問・五臓別論篇によれば

五臓
六腑の働きで出来た栄養物質を(精)を貯蔵する臓器
六腑
飲食物を運搬して、その運行中に消化吸収(清濁の選別)をする臓器

とされている。

臓腑に関する理論は「臓象学説」と称され、人体内臓の解剖、生理、病理、弁証論治の原則など多くの部分を包括し、中医学基礎理論の重要な部分であり、臨床においても大きな意義をもつ。
人体は、五臓(肝・心・脾・肺・腎)と六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)からなる。
ただし経絡学説では臓と脇の数を合わせる為に、もう一つの臓として心包絡を設定している。

伝統医学的な概念として、人の体は、内臓、四肢、百骸(百の骨)、五官、皮毛、筋・肉、血・脈などで構成されていると考えられている。
このうち、内臓は、その性質と機能(中味が充実していて重要な働き)から、
肝、心、脾、肺、腎の5つを“臓”と、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦の6つの“腑”(中空で空間がある)に分けられる。

“三焦”という現代医学にはないものがある一方、現代医学にはある膵臓がない。
これは、杉田玄白らがオランダの解剖書を翻訳する時に、伝統医学の用語を無理に当てはめたためである。
“膵”という字や“神経”という用語は、翻訳のときに新たにつくられたものである。
このため、伝統医学でいう“臓腑”は西洋医学の臓器とはまったく別の概念であり、生理機能の面からとらえたものである。
これに対して西洋医学では、内臓を物質とみているので、同じ名称でも同一ではなく、置きかえることはできない。

五臓六腑の生理は五行説により説明される。
五行説の相生・相剋関係が基本になる。

五臓はお互いに、支配したり支配されたりしているので、単独で1つの内臓だけが異常になることは希である。
伝統医学では、内臓を単に解剖学的な内臓としてではなく、さまざまな物質代謝や精神活動と関連した機能単位としてとらえている。
各内臓が病むと、症候が現れるので、それを見逃さないようにすることが重要である。

肝は病邪に対して抵抗する機能を発揮する臓器で、血液を貯蔵し、全身の血液分布を調節する。
さらに、中枢神経系(自律神経)の活動を主る。
従って、ストレスを受けた場合や、機能が低下すると、怒りやすくイライラする、緊張症状などの神経症状が生じる。
また、爪の異変(割れ)、目(眼瞼)や筋肉に痙攣や緊張が生じやすい。

「肝は疎泄を主る」:「疎」とは「通」の意味であり、「泄」は「散」の意味である。

「肝は疎泄を主る」:「疎」とは「通」の意味であり、「泄」は「散」の意味である。

人間の精神的な活動は、心が主る以外に、肝とも密接な関係を持っており、自律神経系の活動を調節する機能は、肝の疎泄作用の一つである。

肝の疎泄作用が正常であれば、情緒が安定し、 快適な精神状態が保たれる。肝は五行では木に属すので、木のように自由に生長し、 抑制を嫌う性質があり、動と昇を主るのである。
そこから、肝は「将軍の官」と呼ばれ、外敵を防ぐ思慮・計謀を主り、剛強であるとされてきた。俗に言う「肝っ玉のすわった人」の「肝っ玉」とは、この肝に由来している。

肝血の不足

外部からの刺激によって、感情を害すと、肝の疎泄作用は鈍り、抑鬱状態や興奮状態を招くことになる。
肝には、血を貯蔵して、体の血量を調節するという働きもある。これも肝の疎泄作用の一つである。
この肝の疎泄機能が悪く、気血が鬱滞すると、筋肉の強張り、月経不順、子宮筋腫、目のかすみ等が生ずると考える。
筋肉の正常な状態を保つ為には、肝血の濡養をはかる必要がある。
肝血の不足は、爪の変形(スジや段付き)、四肢痙攣や麻痺を招く。

肝の生理機能

  • 疏泄を主る(疏通・発散・昇発させる)
  • 蔵血を主る(血液を貯蔵する)

五行との照応関係

  • 怒は肝の志
  • 涙は肝の液
  • 筋に合す
  • 華は爪にある
  • 目に開竅する

心は五臓六腑の大主で、生命活動を主宰し、最も重要な臓器である。
血液を循環させ、中枢神経の機能活動を管理していると考えられる。また、発汗や舌の変化(異常)とも密接な関係にある。
心は、「心は神を蔵す」といい、心が神を通じて、五臓六腑を統率し、意識と精神活動を 受け持つとしている

心は、「心は神を蔵す」といい、心が神を通じて、五臓六腑を統率し、意識と精神活動を 受け持つとしている

神志とは、精神・意識・思惟活動など、生命活動の総合を指しており、 心は大脳新皮質を首とする高次神経系の機能を有すると考える。
また心を神に通じる統率者としたのは、心臓が最も重要な臓器であるという考え方に基づく。

思惟活動を行う上で、また心は、心臓の拍動に基づき血液循環をさせ脈の働きを主る。

血液は血管を絶え間なく運行している。
運行は「心の陽気」と、脈の働きの双方の力を頼ってなされている。

心の異常

心の機能に異常が生じると、血液の循環に変化をきたし、脈や心拍数にも異常 が現れる。
心の異常は顔色または舌先の変化となって現れやすいものである。

心臓・循環器系と大脳新皮質、すなわち血脈と神(精神)

ところで、現代医学では、心臓・循環器系と、大脳新皮質は別物であるが、
東洋医学においては、両方の作用の組み合わせで考える必要がある。
東洋医学では、心臓・循環器系と大脳新皮質、すなわち血脈と神(精神)には密接な機能があり、 心気の機能が正常であれば、心の気血が充実し、思惟活動が活発になり、元気が横溢すると考える。

心の生理機能

  • 血脈を主る(気血が運行する通路)
  • 神志を主る(精神、意識、思惟を主宰する)

五行との照応関係

  • 喜は心の志:過剰に喜ぶ(笑う)
  • 汗は心の液:汗をよくかく
  • 華は顔にある:
  • 舌に開竅する:舌特に舌尖にあらわれる。心に熱があると舌尖は紅

脾は消化器系統の機能を持ち、飲食を消化し、その精徴なもの(栄養物質)を全身へ輸送する。
脾の機能が低下すると、水分代謝障害や肌肉をおとろえさせ、口唇に異常があらわれる。

脾の異常

脾は口に開竅する

脾気が足りていると、食欲が出て味覚が良くなる。が、脾気が不足すると、食欲を失い味覚は 鈍くなる。また唇は脾の象徴であり、脾の機能が正常であれば、唇は紅く潤いがある。

東洋医学の脾胃と言われる臓腑の機能は、現代医学の脾臓の働きとは異なり、消化器官の働きの方に相当する。
脾は、水穀(飲食物)の精微(栄養物質)の吸収し、その運化(輸送と消化)を主る。
この「運化を主る」という言い方には、二つの大きな意味が含まれる。
一つは、水穀の精微(栄養成分)を全身の各組織に輸送・配布することで、もう一つは水液の 吸収と排泄を促進することである。

消化された飲食物は、まず小腸にてその清濁を分別される。
小腸にて得られた有用成分と水分は、 脾が吸収し、全身の各組織に輸送し、配分する。この時、脾は余分な水分を体外に排泄する。
水分代謝は非常に複雑で、脾の水分代謝促進作用、肺の粛降作用、腎の開闔作用が互いにからみ合い水分代謝を進行し、 体内の水分バランスを正常に保つ。吸収された精微物質は、まず血中に入り、肺に転送され、全身に巡って栄養分が散布される。

脾と筋肉・四肢

脾は、水穀の精微を運化するので、脾の機能が正常であれば、四肢の筋肉はよく濡養される。
筋肉がついて、全身に力が充実する。このため脾は、四肢・筋肉を主ると言う。

脾の統血作用

脾の統血作用

脾には、統血の作用がある。統血の「統」は、統帥する、また抑制するの意味であり、 統血とは、血液を固摂し、血が管道より溢れ出ないようにして、体内を正常に循行させる作用のことを言う。

脾気が不足すると、運化が滞り、脾はその統血機能を失う。 つまり、脾の飲食物の運化がうまくいかなくなると、血液成分が劣化し、出血しやすくなるのである。 

出血性の疾患に対して、漢方治療では脾の統血作用を活用することが多い。

脾の生理機能

  • 運化を主る(飲食物を消化し、全身に送る)
  • 昇清を主る(栄養物質を吸収し、全身に送る)
  • 統血を主る(血が経脈からもれないようにする)

五行との照応関係

  • 思は脾の志
  • 涎は脾の液
  • 肌肉に合し四肢を主る
  • 華は唇にある
  • 口に開竅する

肺

肺は呼吸をつかさどり、人体内の気体交換の器官である。

空中より取り入れた清い空気(天空の気)は、飲食物から産み出された水殻の気(地の気)と結合し、各臓器に送られ、全身の気(元気、真気)を統轄する。また、体液を調節、調整させる。

肺の異常

肺が邪を受けると、風邪に罹患、鼻閉、便秘を来す。

肺は「相傅の官」と呼ばれ、君主である心を補佐する宰相の役割を果し、人体の血液の循環を調節し、 気血を調節して、五臓をよく協調させている。 したがって、血液異常では、肺に対する治療も大切になる。

人間は呼吸によって自然界の清気を取り入れ、体内の濁気を外へ排出する。
呼吸による清濁の気の交換は、人体の生命維持に不可欠なものである。
肺は全身の気を主り、自然界の清気と水穀の精気を胸中に集め、これらは胸中で結合して「宗気」になる。
宗気には、肺の呼吸作用と心と協力して血液の運行を助ける作用がある。つまり、血の循行には宗気が深く関わっている。

宣発

肺には宣発と粛降の作用がある。宣発とは、肺の気を上方へ昇宣し、外周に発散させる作用のことである。
肺は宣発によって、気血や津液を全身に輸送して配布し、皮膚を温め、潤す。
また肺は宣発作用を通じて、体表の皮毛に衛気や水穀の精微を送る。 皮毛は体表で外邪の侵入を防ぐ役割をしているので、肺気が不足すると、皮毛は衰え、 外邪が侵入しやすくなって風邪をひく。肺が皮毛を主るというのは、この故である。

粛降

粛降の「粛」は清粛の意味で、「降」は下降の意味であり、 粛降作用とは、肺気の下方への通行と、呼吸道の清潔を保つ作用のことである。
清気は軽く散らばりやすいものなので、肺の粛降作用によって清気は下降し、 精微と合わさり宗気となって、各臓器に分布されるようになっている。
また、この粛降作用は、水分代謝にも関わっている。
脾の運化作用、腎の気化作用、 肺の粛降作用は、それぞれが絡み合って水分代謝を促進している。

肺の作用1

肺の作用2

肺の生理機能

  • 気を主り、呼吸を主る
  • 宣発と粛降を主る(発散や下降をし、呼吸道の清潔を保持する)
  • 通調水道の作用((疏通・調節・水液の輸送・排泄)
  • 百脈を集め、治節を主る(全身の經脈が集まり、管理調節する)

五行との照応関係

  • 憂は肺の志
  • 涕は肺の液
  • 華は毛にある
  • 鼻に開竅する

腎

腎は精を貯蔵する。
精は生殖と成長発育を維持する基本物質で、先天の精と後天の精があり、臓腑と各組識を滋養する。
また、骨と髄を滋養するので歯や頭髪・聴覚・大小便などの異常としてあらわれる。

「腎為先天之本」と言い、泌尿生殖器系と一部の神経系、造血系、内分泌系の機能を包括したものの総称で、 古来、腎には二葉あって、左側を、“腎”、右側を、“命門”、としている。

腎は、陰を主り、水に属し、命門は、陽を主利、火に属します。そこで“腎”は「水火の臓」の呼称もある。
腎は“精を蔵し、命門の火を主る”と言い、これは、人体の成長、発育、生命活動に必要な「精(腎陰)」「命門の火(生命のエネルギー、腎陽)」の相互作用によって、生長、発育、人体の機能調節を行っている。

腎の生理機能

  • 蔵精を主り、成長・発育・生殖を主る
  • 水を主る ・納気を主る(吸気を腎に納めるという考え方)

五行との照応関係

  • 恐は腎の志
  • 唾は腎の液
  • 骨に合し、骨を主り髄を生じる
  • 華は髪にある
  • 耳及び前後二陰に開竅する

耳及び前後二陰に開竅する

五臓の異常時のサイン

怒りっぽくなる・筋が痙攣しやすい。・目の異常・精神の不安定
汗をよくかく・舌の先端が赤い・過剰に喜ぶ・不眠
手足が黄色くなる・出血しやすい・食欲異常・よだれをよくたらす
世を憂い、悲しみやすい・色白になり、 皮膚病になりやすい・涙や咳が出る
老化現象全般・頻尿・集中力の低下・驚いたり恐れたりしやすい

六腑

六腑とは、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦の6つの腑で、臓が“陰”で“裏”に対し、六腑は“陽”で“表”である。

清汁(清浄な液)を貯蔵し、分泌して消化を助ける。
他の腑は濁を貯留・輸送するのに対し、胆だけは清汁のみを貯蔵・輸送する。

人の行動力(決断)は胆が主るので、機能が低下すると、決断力が鈍り、物事に怯えるようになる。

胆は、六腑の一つに数えられている。
が、水穀(飲食物)を受け入れないので、他の五臓と異なるところから「奇恒の腑」の一つともしている。
胆の主な機能は、胆汁を貯蔵して、必要に応じて腸に胆汁を送り込み、食物の消化を助けることにある。

また胆は、「中正の官」であり「決断を主る」とも言う。
人間の精神活動は、心が司令し、統率するが、決断を下す時は、胆が主ることになる。

つまり胆は、人間の精神活動に深く関与しており、中正の優れた判断は胆にて下されるのである。
思慮深く、あれこれ思いを巡らしても、優柔不断で決断ができない人は、胆が虚であるとか、胆が病んでいると考える。
肝の素晴らしい謀慮も、胆の働きをなくしては、決断力を欠き、実行不能となってしまうのである。
といって、胆が盛んすぎると、人は気が短くなり、怒りやすくなったりもする。

胆の生理機能

小腸

胃の初歩的な消化を経た飲食物をさらに消化し、栄養物を吸収した後、脾の作用によって全身へ滋養し、吸収後のカス(濁)を大腸と膀胱に送ります。
小腸は、飲食物の清濁を分別する機能を持っている。

小腸によって、栄養分は脾に取り込まれ、不要分のうちの水液は膀胱に、固形物は大腸へおろされる。

心と小腸は、経脈を通じて互いに繋がっている。
つまり心火が小腸に移ると、小便は赤くなり、血尿が現れることもある。とされるが、現代医学的には理解不能であろう。当時の病理概念からはこのように説明するしかなかったのであろう、ということで、この項はそのままにしておく。大事なのは最初の一節である。

小腸の生理機能

胃は飲食物を受納し、初歩的な消化をし、小腸に送る。
胃の機能が低下すると、ゲップ、嘔吐などの症状が現われる。

胃は「水穀の海」とも呼ばれ、飲食物はまず胃で受納され、腐熟(消化)される。
脾と胃は表裏の関係にあり、飲食物は胃で「受納」した後、下降し、脾によって「運化」される。
脾が「昇」を主るのに対して、胃は「降」を主る。

胃

胃気が降りることによって、水穀は下降して、消化されるが、脾気は 昇ることによって、精微を全身に散布するのである。
別図を参照のこと。
つまり脾と胃は、密接な関係があり、相互に依存しながら、共同してそれぞれの機能を高めている。

また脾胃は五臓六腑の活動源である水穀の精微の、受納・運化を主るところなので、 脾を後天の本と言い
人間の豊かな身体形成に関わる根本とされている。

胃の生理機能

大腸

小腸が分離した残渣(濁)を、一部の余剰水分と養分を吸収して、糞便を形成して排泄する。

大腸

大腸の生理機能

膀胱

腎による体液(津液・血液)調節の結果、生成された尿を貯留し、排泄します。
機能が低下すると、排尿異常が生じやすい。

水液運行の通路

水液運行の通路1

水液運行の通路2

膀胱

三焦

物質的な器官ではなく、総合的な機能を持つ。部位(ゾーン)とその機能をいい、そのゾーンは上・中・下の3つからなる。

つまり「気」と「水」の通路である

臓と腑(表裏の関係にあり、相互に影響し合う)

肝と胆

肝と胆

肝と胆は計画と実行の関係にたとえられ、胆が衰えれば行動力、決断力が鈍り、肝の思考計画も実行不能となる。
「肝胆相照らす仲」という:互いに心の底まで打ち明けて交わる。きわめて親しくつきあう。

心と小腸

心と小腸

心に熱があれば排尿痛や血尿が現れとされるが、このような例は経験したことが無いので理解不能。

脾と胃

脾と胃

脾は、胃で消化されたものから精気を抽出し、体の各部に輸送するので、胃の病変は脾に影響し、脾の異常は胃の働きを阻害する。

肺と大腸

肺と大腸

痰がつまり、肺に閉塞機転が生ずると、しばしば便秘や下痢などの症状を引き起こす。
ここでいう痰とは「正常でない病的な体液=病変した器官の組織に貯留した粘稠汚濁な水液の総称」

腎と膀胱

腎と膀胱

膀胱中の尿は、腎気の作用により排出される。腎臓疾患に合併して、頻尿、乏尿、残尿や尿失禁など起きる。

五臓六腑のほかに、内臓を構成しているものに“奇恒の腑”がある。
“奇恒の腑”には、脳、骨、髄、脈、胆(六腑の胆)、女子胞(子宮)があり、形は腑に類似し、役割が臓に類似しているが、いずれとも異なる働きで例外的な腑(奇恒の腑)という。
その特徴は、比較的深部にあるが、他の臓腑と組みあうことがなく、汚濁物を貯蔵しない。
胆だけは、肝と組みあうが、胆汁は清浄であるからとして、奇恒の腑に入っている。

五臓と七情の対応

五臓と七情の対応

五臓と身体の対応

五臓と身体の対応1

五臓と身体の対応2